スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知らせ

第2子出産のため、しばらく受付は終了いたします。
申し訳ございません。


スポンサーサイト

お知らせ

猫さんたちとお話中に必要に応じてヒーリングも行ってきましたが、このたびヒーリングは中止することにしました。
わたしのヒーリングを喜んでくださっていた猫さんたちには本当に申し訳ないんですが、わたしの負担が大きいため、やむなく中止することにしました。
本当に申し訳ございません。
ヒーリングは止めますが、コミュニケートのほうは何も変更がございません。
今まで通り、時間内に受け取ったメッセージなど全てお伝えしていきます。


お知らせ

条件付きということで再開させていただいておりました猫さんとのコミュニケーションですが、病気でなくても引き受けさせていただくことにしました。
なんだか猫さん的にはそっちのほうが良いようで^^

しかし申し訳ありませんが、ゆっくりペースということには変わりありませんm(__*)m
子育て中ですのでしばらくはこんなペースになりますがよろしくお願いいたします。


お知らせ

メールが不調です。
3日たっても返事がない場合、再送していただけると助かります。

お手数をかけますがよろしくお願いしますm(__*)m

わたしの考える

アニマルコミュニケーションとは。


コミュニケーターさんが増えてきて、飼い主さんに大幅に選択肢がひろがりました。
自分に合うコミュニケーターさん、合わないコミュニケーターさんそれぞれいると思いますので数ある中で選べるというのは本当にいいことだと思います。
選ぶ方法の目安としては直感に従うというのもありますが、
コミュニケートしてもらって、このコミュニケーターさんとなんか合わないな、ちょっと違うな、と思ったら次のときは違うコミュニケーターさんにまた頼んでみたらいいと思います。
もちろん、まだACに興味があれば、ということですが。

でも同じ質問をしても同じ答えが返ってくるとは限りません。
猫さんだって気持ちは変わりますし、違う人に同じ答えを言うとも限りません。
猫さんだって話しやすい人、話しにくい人いろいろいるでしょうし^^;
しかし猫さんの本心を聞きたいならば、まず飼い主さまがコミュニケーターを信頼してもらわなければなりません。
飼い主さんが信頼していない人に飼い猫さんがココロを開くとは思えません。
しかし、どのコミュニケーターさんに頼んでもその結果を真摯に受け止めてあげるのがネコさんにとってなにより一番ですので(間違ったコミュニケートの結果なら信頼できる部分だけでも)それだけはしていただけるとうれしいです。
もちろん、間違ったコミュニケートをしようなんて思ったことはありませんが^^;

コミュニケートが終わって、それで終わり、ということは決してありません。
わたしの役目としましては本当に電話機?通訳機?みたいなもので
ネコさんの気持ちを飼い主さまに伝えるだけです。
そのネコさんの気持ちを愛情を持って受け止めるか、ふうん、そっか、で流すか、コミュニケートの結果を生かすも殺すも実は飼い主さま次第なのです。
ですからどんな結果であってもちゃんと受け止めていただけると本当にうれしく思います。
それが不思議な言い方かもしれませんが、ほかのネコさんへのコミュニケートにつながります。

たまにコミュニケートが終わったあとは猫さんとつながったような気がする、と言われますが、わたしの目指すコミュニケートとしましては
猫さんと飼い主さまのつながりをよりよくするものですので、そう言っていただけると本当にうれしく思います。
しかし、猫さんとつながったのが一瞬とか次の日だけ、ということはございません。
飼い主さまがつながっていたいと思う限り、猫さんの気持ちをわかってあげたいとおもう限りそれは続きます。

わたしはコミュニケートは誰にでもできると思っています。
しかしコミュニケートが必ずしも必要だは思っていません。

わたし自身は特にスクールなど行ったことがないし、やってみたらできた、というものですので勉強方法などについて「こうしたらできます!」などと言うことは出来ません。
でもだからこそ、ACに興味を持ち、やってみたいと思う人はみんなそれぞれのやり方でできるようになるのではないだろうか、なんて思うわけです。
そしてまた、猫さんと話す、動物と話すことがすべてとも思っていません。
木々や植物たち…そして赤ちゃんなど言葉としては何も言うことができませんがいろんな気持ちを持っています。
そういう気持ちとつながろうとする。
結局のところそういう気持ちが大事なのではないかな、と思っています。

2年ぶりです

ほぼ2年ぶりにブログをアップです( ̄ー ̄;)
その間≪体調不良≫のままでした。

というわけではなく、実は2005年の今頃妊娠がわかり、それと同時につわりが大変だったのです。
つわりは出産ごろまで続き、今度は育児。
子供は6月に無事1才をむかえました。
我が家の4にゃんも子供に対して少し落ち着き、わたし自身も少しは子供がいるこの生活に慣れてきたような気がします。

今は2年前に比べてコミュニケーターさんが増えてきたわけだし
わたしが子育てなどの合間をぬって再開することもないと思ったのですが…
なんだろう。

時間的に前のようにたくさんのにゃんこさんを相手にすることはできません。
週に1,2にゃんと話すのが精一杯だと思います。
でも、数あるコミュニケーターさんの中から選ぶ選択肢のひとつとしてわたしの名前があってもいいかな、と思ったのです。

猫さんが病気などになったりした場合、どうしていいかわからないことが多々あるかと思います。
そういう
飼い主さま、猫さんがどうしてもコミュニケートをしてほしいという場合のみ、コミュニケートを引受させていただきます。
申し込み内容、金額などは変わりません。
また猫さんに了解を得てヒーリングもさせていただいております。
コミュニケートも自己流ならヒーリングも自己流で、どんなヒーリングになるのかは猫さん次第で変わります(無料です)。


2年間、こちらのブログはお休み状態にあったわけですがその間まったく猫と縁がなかったわけではなく、いろいろな出会いがありました。
不思議なこともたくさん。
そこから学んだことを少しでも活かせていければいいなぁ、と思っています。

お知らせ

体調不良のため、予約を受け付けておりません。
申し訳ございませんm(__*)m

お申し込みの流れ

質問が多いので。

飼い主さま:必要記載事項を書いたメールを送る
    ↓
飼い主さま:振込み先などを書いたメールを受け取る。
    ↓
mariko:振込みを確認しましたら、コミュニケーション予定日をメールいたします。
    ↓
飼い主さま:予定日まで愛猫に「marikoさんと話してね、おかあさんのお友達だから」などと伝えておく。
    ↓
mariko:コミュニケーション予定日の翌日に結果をメールいたします。


電話は使わないのですか?とよく質問されるのですが、電話は使いません。
電話を使って猫と話すわけではありませんので、電話を使わなければコミュニケーションができない、ということもありません。
どちらの精度がいい、とも言えないと思います。

ただ、電話を使いながらのコミュニケーションですと、飼い主さまの聞きたいことをその場で聞けるというメリットはありますが、その分はコミュニケートの事前のメールでのやりとりで補えると思います。

結果が翌日になってしまうのは…。
昼間仕事をしているため、コミュニケートするのは夜になります。
1にゃんと話している時間は大体1時間…。
「コミュニケートするのはいいけれど、その後は私たちの相手をすること」とうちの猫と約束しているため…すみませんm(__*)m
そのため、1日1にゃんとしかコミュニケートできません。
ご理解くださいm(__*)m 

これから

先日、私のつたないサイト(マイニチネコビヨリ)とリンクしたのをきっかけに、これから私のアニマルコミュニケーションにまつわる話ができたらいいな、と思っています。
私のコミュニケーションの仕方が全てだとは思いませんので(むしろアウトローかと)こういうコミュニケーションもあるのかぁ、と読み物的に読んでくださればうれしいです。

さて。

このブログを覗いてくださった方は(ネコの気持ちを聞いてみたい)と思う方がほとんどだと思います。
じゃあネコは人間と話してみたいと思っているのでしょうか。
うちのネコに聞いてみました(笑
『話せると便利』 by紋
だそうで…割と無口なコなんですが(苦笑

先日、コミュニケートしたm様家のネコさんは「どうやったらおかあさんがそんな風に話せるようになるの?」と聞いてきてびっくりしました。
話を聞くと、m様もコミュニケートの練習をしているようで、「おかあさんとこんな風に話したい」とのこと。
全てのネコが人と話したいと思っているわけではないでしょうが、やはり一緒に暮らしていると「会話したい」と思うのかもしれません。
自分が思っていることをわかってほしい、と思っているネコは多いみたいな感じがします。

お願い

猫への質問ですが、質問に対する理由も一緒に書いてくださると何を聞きたいかということがわかってコミュニケートしやすいです。
質問があまりにも漠然としすぎると、どこに焦点を合わせていいのかわからなくなり、猫から不信感もかいますので。

また、あらかじめ私(mariko)と話すよ(「marikoとたくさん話してね」など)と一言言っていただくとスムーズにコミュニケートができます。
飼い主さまから何も聞いてないと『この人、誰?ホントに言っていいのかな?』という感じでとらえられてしまうことがあります。

動物は質問に対して、わかりやすく説明してくれるわけではありません。
必要以上の情報は必要ないのですが、最低限の情報は必要ですので、よろしくお願いします。


例えば、『最近避けられてる。それが何故か聞いて欲しい』という相談があったとします。
これだけしか聞かないと、私は「何故避けるのか?」ということに重点をおきますが、≪実は薬を飲ませていた≫ということなら、「何故避けるのか?」ということは大したことではなく、「じゃあ嫌な薬をどうやったらがんばって飲んでくれるか?」ということに重点が置けるのです。

ご協力をよろしくお願いします。



プロフィール

mariko

  • Author:mariko
  • よろしくお願いします。
    メール↓
    anicommu@infoseek.jp
    ネコビヨリ*番外編*もどうぞ(*'-'*)うちのネコがいます。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。