スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わたしの考える

アニマルコミュニケーションとは。


コミュニケーターさんが増えてきて、飼い主さんに大幅に選択肢がひろがりました。
自分に合うコミュニケーターさん、合わないコミュニケーターさんそれぞれいると思いますので数ある中で選べるというのは本当にいいことだと思います。
選ぶ方法の目安としては直感に従うというのもありますが、
コミュニケートしてもらって、このコミュニケーターさんとなんか合わないな、ちょっと違うな、と思ったら次のときは違うコミュニケーターさんにまた頼んでみたらいいと思います。
もちろん、まだACに興味があれば、ということですが。

でも同じ質問をしても同じ答えが返ってくるとは限りません。
猫さんだって気持ちは変わりますし、違う人に同じ答えを言うとも限りません。
猫さんだって話しやすい人、話しにくい人いろいろいるでしょうし^^;
しかし猫さんの本心を聞きたいならば、まず飼い主さまがコミュニケーターを信頼してもらわなければなりません。
飼い主さんが信頼していない人に飼い猫さんがココロを開くとは思えません。
しかし、どのコミュニケーターさんに頼んでもその結果を真摯に受け止めてあげるのがネコさんにとってなにより一番ですので(間違ったコミュニケートの結果なら信頼できる部分だけでも)それだけはしていただけるとうれしいです。
もちろん、間違ったコミュニケートをしようなんて思ったことはありませんが^^;

コミュニケートが終わって、それで終わり、ということは決してありません。
わたしの役目としましては本当に電話機?通訳機?みたいなもので
ネコさんの気持ちを飼い主さまに伝えるだけです。
そのネコさんの気持ちを愛情を持って受け止めるか、ふうん、そっか、で流すか、コミュニケートの結果を生かすも殺すも実は飼い主さま次第なのです。
ですからどんな結果であってもちゃんと受け止めていただけると本当にうれしく思います。
それが不思議な言い方かもしれませんが、ほかのネコさんへのコミュニケートにつながります。

たまにコミュニケートが終わったあとは猫さんとつながったような気がする、と言われますが、わたしの目指すコミュニケートとしましては
猫さんと飼い主さまのつながりをよりよくするものですので、そう言っていただけると本当にうれしく思います。
しかし、猫さんとつながったのが一瞬とか次の日だけ、ということはございません。
飼い主さまがつながっていたいと思う限り、猫さんの気持ちをわかってあげたいとおもう限りそれは続きます。

わたしはコミュニケートは誰にでもできると思っています。
しかしコミュニケートが必ずしも必要だは思っていません。

わたし自身は特にスクールなど行ったことがないし、やってみたらできた、というものですので勉強方法などについて「こうしたらできます!」などと言うことは出来ません。
でもだからこそ、ACに興味を持ち、やってみたいと思う人はみんなそれぞれのやり方でできるようになるのではないだろうか、なんて思うわけです。
そしてまた、猫さんと話す、動物と話すことがすべてとも思っていません。
木々や植物たち…そして赤ちゃんなど言葉としては何も言うことができませんがいろんな気持ちを持っています。
そういう気持ちとつながろうとする。
結局のところそういう気持ちが大事なのではないかな、と思っています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

mariko

  • Author:mariko
  • よろしくお願いします。
    メール↓
    anicommu@infoseek.jp
    ネコビヨリ*番外編*もどうぞ(*'-'*)うちのネコがいます。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。